バイアグラの効果や副作用を紹介!

バイアグラとは

ED治療薬バイアグラ

バイアグラとは男性向けの勃起不全改善薬です。

勃起不全とはペニスが、本人の意志が立ち上がらない障害の事です。

また性行為の真っ最中に突如として勃起力が喪失する症状も広義の勃起不全であり、バイアグラを飲む事が推奨されています。

即効性が強い医薬品ですので、性行為を始める直前に口に入れても、男性機能改善の効果が確実に得られます。

ペニスが固く太く勃起し始めるため、性行為についてコンプレックスを感じる中高年の方に特にオススメです。

バイアグラの効果

バイアグラは、全身の血流を良くしてED(勃起障害)を改善する効果があります。

PDE5(ホスホジエステラーゼの5型)という酵素は、血管を拡張させる働きがあるcGMP(サイクリックグアノシン一リン酸)を壊してしまう働きがあります。

バイアグラは、このPDE5の働きを阻害することで、血管の拡張を維持させます。

それによって全身の血流が良くなった結果、陰茎の海綿体に流れ込む血流量を増やしてEDを改善します。

バイアグラを飲んだからといって、ずっと勃起状態になるわけではありません。

性的刺激を受けない限りは勃起しません。

また、気分を高揚させるような効果もありません。

バイアグラは食事の影響を受けやすいので、食後に飲むと効果が十分に発揮されないことがあります。

効き目をしっかり出したいのであれば、空腹時に飲むべきです。

また、アルコールは禁止ではありませんが大量のアルコールと一緒に摂取すると効果が弱まることもあるので、注意しましょう。

バイアグラの副作用

バイアグラは世界で最も知られているED治療薬の一種です。

即効性が抜群に強く、服用してから30分程でペニスに変化が見られます。

今までは不安定だった勃起力がバイアグラの効果で安定しますので、勃起不全のせいで喪失していた男のプライドも効果発現と同時に蘇っていきます。

ただ、バイアグラもまた他の医薬品と同様に副作用が一定程度、見られます。

服用した後、動機や鼻づまりや鼻水の増加などが起きます。

また服用したユーザーによっては、身体が熱く感じられたり、目が激しく血走る等の副作用も生じます。

いずれも重篤になる事はなく、効果の高まりと反比例する形で収まっていきます。

ただ、服用した後は一定程度の確率でそれらの副作用が現れます。

よって、バイアグラを飲むのはいつでも休憩が取れる自宅、あるいはホテルの寝室などを正しく選びたいところです。

外出時に飲みますと、体調悪化が出た時、臨機応変に対処出来ないため、原則として外での服用はNGです。

ページTOP