アイピルの効果や副作用を紹介!

アイピルとは

避妊薬アイピル

アイピルとは、レボノルゲストレルという成分が主に配合されている医薬品になり、アフターピルと呼ばれている緊急用避妊薬になります。

性行為後から24時間以内に服用することで、およそ95%の避妊効果が得られることが臨床実験で報告されています。

アイピルに含まれているレボノルゲストレルという有効成分は、排卵の周期を遅らせたり、精子の受精を防いで妊娠に至らないようにするとされていますので、使用方法を守って服用しましょう。

アイピルの効果

アイピルは世界中で使用されているモーニングアフターピルと呼ばれる緊急避妊薬の一種です。

主成分レボノルゲストレルは黄体ホルモン剤で、子宮内膜をはがすことで受精卵の着床を防ぎます。

アイピルは通常、避妊のために服用する低用量ピルとは使用方法が異なります。

低用量ピルは毎日服用することで排卵をコントロールして避妊を行いますが、アイピルはコンドームが破れるなどの緊急時に性交後に服用するものです。

アイピルの効果は性交後72時間以内に服用することであらわれますが、100%妊娠を防ぐというものではありませんが性交後、早く服用すればするほど避妊成功率は高まります。

アイピルをはじめとするモーニングアフターピルには副作用が出ることがあります。

最も多いのは吐き気で服用から24時間以内は吐き気を感じることがありますが、それ以降長引くことはありません。

また、中絶薬ではないため、妊娠している可能性がある人は服用してはいけません。

アイピルの副作用

アイピルは低用量ピルではないので、副作用が強く出ることがあります。

よくある副作用には、吐き気、頭痛、嘔吐、不正出血、乳房の張り、めまい、疲労感などがあります。

特に多いのが吐き気で、この対策のためにアイピルと一緒に吐き気どめを処方されることもあります。

もしアイピルを服用して2時間以内に吐いてしまった場合、まだ体に薬の有効成分が浸透していないので同じ量のピルを再度飲む必要があります。

アイピルには女性ホルモンが含まれていて、急激に女性ホルモンのバランスを崩すことが原因です。

低用量ピルの場合は女性ホルモンへの影響は少なくてそのぶん副作用が現れにくいですが、アイピルは女性ホルモンのバランスを一気に崩してしまいます。

血栓症などの副作用があることも指摘されていますが、これはタバコを吸っている人は注意したほうがいいです。

タバコとの相性が悪く、血栓症のリスクが高くなります。

こういった重篤な副作用は稀ですが、注意して使いましょう。

ページTOP