プロペシアの効果や副作用を紹介!

プロペシアとは

AGA治療薬プロペシア

プロペシアとは医薬品です。

AGAに特効があり治療する為に使う物ですが、別名はフィナステリドと呼びます。

DHT(ジヒドロテストステロン)が脱毛を誘発させる原因を作り出しますが、DHTと5α還元酵素が結合して、テストステロン(男性ホルモン)に変形します。

その物質に変わると抜け毛が増して最終的にはAGAが成立してしまいますが、プロペシアを服用すればテストステロンになる回路を遮断できる、機能性が高い医薬品です。

プロペシアの効果

プロペシアは男性型脱毛症による薄毛に効果を発揮する薬です。

男性型脱毛症はDHT(ジヒドロテストステロン)が増加することで発症する脱毛症ですが、その根本原因となっているのが男性ホルモンのテストステロンと還元酵素の5αリダクターゼです。

両者が結合することで脱毛作用のあるDHTが増加をしますので、それによって発毛サイクルが乱れて薄毛になってしまいます。

プロペシアはDHTの増加を抑制する働きがあるのが特徴ですが、理由は5αリダクターゼを抑制してくれる作用を持っているからです。

そのためDHTの増加を食い止めることができ、それによって脱毛を抑制することができます。

発毛サイクルも正常に戻りやすくなりますので、プロペシアを服用することで発毛しやすい頭皮環境へと整えることができるのです。

ただし発毛作用自体を持つ薬ではありません。

あくまでも脱毛を予防する薬ですので、効果的に発毛を促すには適宜発毛剤の利用をすることが望ましいと言えます。

プロペシアの副作用

プロペシアの副作用は肝機能の低下と胃が荒れる可能性をつくる事、性機能の低下並びに過敏症を誘発させる事です。

始めに肝機能の低下ですが、その臓器はインスリンの分泌を促しますから、血糖値のバランスを保つ為にも健全である必要性があります。

しかし、副作用によって肝機能が著しく弱ってしまうと、血糖値を調節するホルモン分泌に規制がかかりますから、糖尿病を患わせている人は注意すべきです。

比較的、安全性は高いプロペシアですが、効果が強い反面、代償はともないます。

次に胃が荒れる可能性をつくる事ですが、通常、医薬品は胃に負担を与えます。

ですから、炎症を起こしやすい方や荒れ気味の人は、プロペシアを服用すると同時に、飲み合わせに問題の無い胃薬を処方してもらえば、副作用による問題が解決する場合があります。

性機能の低下の原因は、服用した者の男性ホルモンの分泌にある程度、制限を加えますから、精力が弱る場合がある為、注意すべきです。

ページTOP