レビトラの効果や副作用を紹介!

レビトラとは

ED治療薬レビトラ

レビトラとは男性の勃起障害や勃起不全を治療するために服用される薬で、ドイツのバイエル薬品という製薬会社によった開発されています。

バイアグラの次に開発されており、水に溶けやすい即効性が見られることで、服用後に即座に効果の実感を得たい場合に重宝されるED治療薬です。

ペニス内の勃起を抑制する働きがあるPDE5という酵素の働きを起こしにくくし、勃起を持続させる効果があり、レビトラも保険適用外の薬となるため、購入する際は全額自己負担となる特徴もあります。

レビトラの効果

レビトラは2番目に登場したED(勃起障害)治療薬です。

有効成分は塩酸バルデナフィル水和物で、血管を広げて血流をよくする効果があります。

塩酸性で水に溶けやすい性質があるので、効果が現れるのがはやく、飲んでから15?30分ほどで効果が現れ、50分くらいでもっとも効果が高くなります。

持続時間も長めで、10mgが約4時間、20mgは8時間程度持続します。

食事の影響を比較的受けにくいですが、胃に油の膜が張ってしまうと、それが有効成分の吸収を邪魔して効き目が弱くなりやすいです。

なので、しっかり効かせたいのであれば空腹時に飲んでおいたほうがいいです。

ED治療薬の中では効果が強く、ペニスが硬くなりすぎるケースもあります。

もし効き目が強すぎるようならば、薬を分割して少なめに飲んでみるといいでしょう。

レビトラは使用禁忌役が多く、狭心症の治療に使われるニトロ系をはじめとして、水虫の内服薬なども併用禁忌になっています。

レビトラの副作用

レビトラにはいくつかの副作用があります。

どの治療薬にもデメリットがありますので、初めて飲む方は副作用に関する注意事項を理解した上で、正しく服用しましょう。

副作用としてよく現れやすいのが「目の充血」や「頭痛」や「心臓の鼓動が激しくなる事」です。

いずれも特段リスクが高い症状ではありません。

しかし、普段の体調とは違ってくるため、レビトラを飲む時は、すぐに休憩が取れるシチュエーションにしましょう。

流石に仕事中にレビトラを飲む男性はいないと思いますが、外でED治療薬を飲むと、即効性がかなりあるため、帰宅途中に頭痛や動機の症状に襲われてしまい、気分が悪くなってしまう等の危険が出てきます。

一方正しく自宅の寝室等で服用すれば、体調悪化が現れても即、楽な姿勢を取る事が出来ますので、頭痛や動機の症状を効率よく抑えられます。

それらの症状ですが、大抵の場合は数分で沈静化していくため、勃起力が高まる頃には体調悪化の影響は消え、充実した心身でセックスに挑めます。

ページTOP