ロゲインの効果や副作用を紹介!

ロゲインとは

AGA治療薬ロゲイン

ロゲインとは、FDA(アメリカ食品医薬品局)にて認可されている、頭髪用育毛医薬品になります。

このロゲインには、発毛効果が確認されています、ミノキシジルという成分が配合されているもので、AGAの外用治療薬として使用されています。

AGA治療が必要な方に、ロゲインを1日2回塗布した結果、およそ85%の方に効果が現れたという報告がなされているものですから、ロゲインに含まれているミノキシジルによって、発毛が期待できるでしょう。

ロゲインの効果

ロゲインに期待する効果といえば、発毛ですが、実際にどのようにして効果効能が表れてくるのかといった、ロゲインによる体への働きは、もともとは高血圧の治療のために開発されたものですが、実際に治験していくと、嬉しい副作用として、発毛や育毛といった効果が見られた為、その後も治験を続けていき、実際に発毛や育毛の効果があると認められた為、育毛剤として製品化され、ドラッグストアなどでも発売されている育毛剤にも含まれています。

気になる箇所に塗布して使いますが、もともと高血圧の治療に開発されたものだけあって、塗布箇所の血管を拡張させて血液の流れを増進させます。

発毛や育毛には、この血液の流れによって促されます。

血液に含まれている髪を作るタンパク質などの成分が頭皮に運ばれて、栄養となり髪を生やしていきます。

ストレスや暴飲暴食といった普段の生活の中で血液の流れが悪くなりやすい環境にあったとしても、ロゲインを使用することによって、血液循環を良くさせる効果が期待出来ます。

ロゲインの副作用

ロゲインとは、米国食品医薬品から正式に認可されたミノキシジル系の育毛剤です。

アップジョン(現ファイザー)社が販売しており、医学的効果が実証されています。

ロゲインの主成分はミノキシジルですが、効果を発揮するのは男性型脱毛症(AGA)に限られ、円形脱毛症や産後の女性の脱毛症にはほとんど効果がないとされています。

もともとは、高血圧治療の血圧降下剤として開発された薬です。

その副作用として、男性型脱毛症の改善・効果がみられたため、育毛剤として販売されるようになりました。

では、ロゲインを使用したときの副作用はあるのでしょうか。

もともと高血圧治療のために開発されているので、血圧の低下や心拍数の増加等、循環器系の異常がみられます。

また、皮膚の異常や頭痛やめまい等の神経系の異常がみられます。

これは個人によって副作用が出たり、症状に違いがでます。

使用したすべての方に出るわけではありませんが、海外から個人輸入しているかたは副作用があるということは認識しておいたほうがよいでしょう。

ページTOP