トリキュラーの効果や副作用を紹介!

トリキュラーとは

避妊薬トリキュラー

トリキュラーとは低用量ピルのことです。

服用することで多くのメリットがあります。

一つ目は排卵が起こらなくなります。

含まれている女性ホルモンが卵黄刺激ホルモンと黄体化ホルモンの分泌を抑制してくれるのです。

その他には精子が着床しにくくなるのに加えて、子宮にも入りにくくしてくれます。

そのおかげでトリキュラーを正しく使えばかなりの確率で妊娠を防ぐことが可能となります。

それから生理不順も整えてくれたり、生理痛を軽減してくれたりもします。

トリキュラーの効果

トリキュラーの効果は、女性ホルモン(卵包ホルモンや黄体ホルモン)に働きかけることによって、女性の排卵をコントロールし、生理周期のコントロールや高い避妊効果が期待出来るものです。

服用することによって、排卵を促すホルモン(FSHやLH)の分泌を抑えて、排卵を抑制させます。

また、子宮内幕の働きによっても受精しやすい環境作りが行われますが、これを阻止する効果があり、着床しにくくします。

子宮頸管の粘液をも変化させて受精しようとするのを阻止する働きもあるため、正しく使用することによって、避妊することが出来ます。

決められた時間に毎日服用することが大切ですから、飲み忘れないように注意が必要となり、万が一飲み忘れた場合には避妊効果が減少する可能性がある為、別の避妊具を使うか、意志に相談すると良いでしょう。

飲んでいる間は高い避妊効果を期待出来ますが、服用をやめれば妊娠も可能になります。

また、服用したことによって、妊娠出来なくなるといったこともありません。

トリキュラーの副作用

トリキュラーは避妊薬の一種で、錠剤の形態で製薬されたものです。

この薬には、卵胞ホルモン剤と黄体ホルモン剤が配合されており、性腺を刺激するホルモンを抑制する効果があります。

それゆえ、排卵の発生率を抑えるだけでなく、着床しにくい環境を作り上げることができます。

また、子宮内部の粘液を分泌することで精子をブロックし、生理にまつわるトラブルの解消にも努めています。

こうした効能のあるトリキュラーですが、使用時には数多くの副作用が報告されています。

頭痛や嘔吐といった症状の他にも、乳房がパンパンに張る(緊満)といった症例も聞かれています。

特に多いのが悪心(おしん)で、上腹部や胸部より嘔吐に先立つ吐き気が感じられる症状のことを指します。

トリキュラーの副作用で最も重いものには、血栓症を併発するおそれがあります。

手足のしびれや呼吸困難に陥るといった症状が見られるため、重篤になる前に医師へ相談することが勧められています。

ページTOP